担当窓口で相談

 これまでご紹介してきて、銀行や、カードでお金のお店等の一般の金融機関より国民生活金融公庫で融資を受ける方が、会社にとって得ということはお分かり頂けたのではないでしょうか?当然過払い請求などもないですし。もしそう思えていただけたのなら、このサイトを立ち上げたことを誇りに思います。では、国民生活金融公庫での融資をご検討されたのなら、善は急げです!早速、国民生活金融公庫の担当窓口にご相談に向かおうではないでしょうか。もし、金融機関からの融資が初めての場合、戸惑うこともあるでしょう。不安な気持ちを抱えることは、当然のことだと思います。そこで、このページでは国民生活金融公庫で融資を受ける際の基本的な流れをご紹介したいと思います。まずは一般的なシチュエーションということで、ご参考にしてください。

■国民生活金融公庫の基本的な流れ

 国民生活金融公庫で融資は、どのような手続きで進むのか?政府系の機関ということで、身構えてしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか?何事も初めてのことは、不安や戸惑いが生じてしまうものです。しかし、ご安心を!銀行等の一般の金融機関と比較しても、手続き方法に大きな違いがあるわけではありません。中小企業に対して多くの支援システムが存在する国民生活金融公庫ですから、審査がとても厳しいというわけではないのです。ただし、国民生活金融公庫で融資を受ける際は、審査が通ったとしても申し込んでから1ヶ月以上はかかってしまいます。そのため、時間に余裕をもって国民生活金融公庫に融資の申し込みを行うようにしましょう。

豆知識・・・・
無審査、即クレジットカード現金化、だからこそ計画的にクレジットカードの現金化をしてください。クレジットカード現金化のメリット、デメリットを考え賢いクレジットカード現金化を目指しましょう。また、クレジット現金化詐欺にも注意してください。もしご利用の際には、安心安全の宝船ギフトをオススメします。

1.国民生活金融公庫の担当窓口で相談

 国民生活金融公庫で融資を受ける際、まずは最寄の担当窓口でご相談することになります。まずは電話にて状況を説明し、それから国民生活金融公庫に訪れた方が話がスムーズに進むと思います。実際の融資担当窓口では、現在の会社の経営内容や融資に必要な額などをご相談することになります。なぜ融資を受けたいのか、細かく詳細を説明しましょう。また、実際に融資が受けられるのは申し込んでから1ヶ月以上かかります。そのため資金が足りないと焦る前に、今後の計画を立てて時間に余裕をもって国民生活金融公庫に訪れ、融資の申し込みを行うようにしましょう。

※国民生活金融公庫は各地域に支店が存在

 国民生活金融公庫は、各地域に支店が存在します。日本全国の約150箇所の地域に支店を構えているのです。そのため、地方にお住まいの方でも安心してご利用することができます。最寄の国民生活金融公庫を探して、融資のご相談を行いましょう。営業時間は、銀行等の一般の金融機関と同じくAM9:00〜PM15:00までとなっております。また、電話でのご相談も受けているようです。詳しい場所については、直接問い合わせるか国民生活金融公庫のウェブサイトより確認するようにしてください。後、現金化の方法については別でご紹介をしていますので、ご覧になってみて下さい。

Copyright (C) 2008 知っておきたい国民生活金融公庫. All Rights Reserved.